摂食障害に苦しんだ話〜一年目〜

先日の結婚式場見学の話から一変しておもーいタイトル。

タイトルにあるように摂食障害に苦しんだ時期がありました。

摂食障害にもいろいろと種類がありますが、私は「過食嘔吐

これに約5〜6年悩まされ続けていました。悩まされるというと

なにか病気のような言い方ですが、私にとって摂食障害

"意思があればやめられるもの"ではなかったです。

自分ではどうしようもできない食欲とそれと同じくらいある"吐きたい"という

気持ち。

ここからは具体的な話もしていくので気分が悪くなりそうという方はここまでで

お願いします。

けど苦しんでいる誰かの力になれればと思っています。

 

私の過食嘔吐が始まったのは2011年9月。大学1年生の夏休み。

地方出身だったのでその当時は寮生活をしていました。

両親が東京に遊びに来てくれて3人で近くの洋食料理屋さんでたくさん

ご飯を食べた。その帰りに母がクッキーをくれたんですよね。

長方形の缶に入ったクッキーだったんですが、よっほどおいしかったのか

寮に帰ってからそれを一箱丸々一人で食べてしまいました。

 

食べ終わって、え…やばい…これ全部一人で食べちゃったよ、という

罪悪感に襲われました。食べたことをリセットしたい、なかったことにしたい。

と思ったときにふと、あ。吐けばいいんだ。というアイデアが浮かんできました。

水をたくさん飲んでトイレに駆け込んで、指を口に入れる。

思ったよりもうまく吐けて、食べたクッキーを全て出せたような気持ちになりました。

 

そこからはたくさん食べて吐いて、食べて吐いての繰り返しでした。

コンビニでアルバイトをしていて廃棄のパンをもらって帰り道に食べて

寮に帰って吐く。

当然寮のトイレが汚れ、先輩にそれとなく注意されたこともありました。

 

なんでこんなに吐きたかったのか、今思うと、

大学1年生の夏、夏バテをしてご飯がほとんど食べられなくなりました。

夜ご飯はマックのジンジャーエール1杯だけ。

夏中そんな生活をしていたら、気づいたら高校生の頃からマイナス10キロ。

夏休みが終わって、久々に友人にあったら「痩せたね!」と言われました。

もともと高校生の頃は(みんなそうだけど)けっこうぽっちゃりしていて

顔も丸くてそれがコンプレックスでした。

そんな私が痩せられたこと、それを褒められたこと。

すごく嬉しかったんだと思います。そして痩せていない自分を認められなくなって

ご飯を吐くのが当たり前になっていました。

 

夏が終わって秋が過ぎて冬になってもとにかく吐いてた。

友達や家族との食事でも途中から、ああこれも吐かなきゃという気持ちに

なってきて全然楽しめなかった。

うまく吐けて胃の中が空っぽになるとすごく満足感があった。

 

大学一年生が終わると体は痩せているのに私の顔はパンパンに腫れてもっとまん丸になっていました。右手の甲には吐きダコができていていつも絆創膏を貼って隠してた。

 

 

 

長くなりそうなので続きます。

 

式場見学~乃木神社・乃木會舘~

前回の記事にある、学士会館の前に乃木神社・乃木會舘へ見学に行きました。

この日は朝、9:00に乃木會舘のフロントに集合、というハードスケジュール。

(私たちだけですかね…)

 

乃木神社・乃木會舘の最寄駅は乃木坂駅。1番出口からびっくりするくらい近いです。

フロントで名前を書き、アンケートを記入。神殿→披露宴会場の順に見学することに。

まずは神殿へ!神殿はとーーーーってもきれいでした。朝イチというのもあると

思いますが、きちんと手入れされているなという印象。

前回伺った神社は、ところどころ気になってしまうところがあったのでかなり好印象。

神殿は入った瞬間息が止まりそうになるくらい雰囲気のある場所です。

そんなに大きくはないと思いますが、広々として、自然と一体化しているような感じ。

ここだけ空気が凛として自分の背筋がピンと伸びるような不思議な空間でした。

壁で囲まれていないので圧迫感がないです。また200名くらいまでは入れる

そうなので、披露宴に呼ぶ人は全員結婚式も見守っていただけます。

東郷神社にはクーラーがありましたが、乃木神社にはなく、前述したように壁もないので半分外、のような感じです。(もちろん屋根はあります)

冬は火鉢とブランケットを出していただけるそうなので、それぞれの季節を楽しむことのできる神殿なのかなと思いました。

 

ちなみに乃木神社での神前式は納曾利舞というのを舞っていただけるそうです。

これは厳島神社と皇居でしかやっていないとても貴重な儀式だそうです。

ぱっと見鬼みたいな仮面をつけているので小さい子は怖いかもしれないですけど…笑

 

神殿にほれぼれしたあとは披露宴会場へ。

私たちの人数(80名以上)だと2つ会場を紹介していただきました。

①乃木坂倶楽部

②豊明(乃木會舘内)

 

①乃木坂倶楽部

こちらはもともと、メゾンブランシュという名前だったレストランを改装した(確か2月にオープンしたばかり)一軒家まるごと貸切の披露宴会場。

3階建てで、1階は友人の待合室、2階が披露宴会場、3階が親族の待合室になっています。

 

和モダンのような雰囲気で天井がかなり高いので天井からの装飾ができそうで

素敵な空間でした。

私が少し不安だったのは、1階から2階へ行くエレベーターが一基しかなく、

また厨房の横?にあり、廊下が狭いため、エレベーター待ちの人がどこにいればいいか

わからなくなるのでは?ということ。

もうひとつは、人数は最大で86人ということ。私も彼も大学時代にチームスポーツをやる部活に入っていたため、ゲストの人数はどうしても多くなります。

80人というのはかなりの概算のため、絶対100人超える自信がありました。

ですので、最大が86人と聞いた時点でもうちょっと難しいかな~という気持ちになっていました、ごめんなさい…。

 

②豊明

こちらは乃木會舘内にある、豊明(とよのあかり)というお部屋。

窓がないのにとても広く感じ、こちらは「和」の雰囲気でした。

いま、会いにゆきますやステキな金縛りなどの美術監督をされている種田陽平さん

という方がデザインされたそうです。

テーブルは丸テーブルでも、長方形でもどちらでも良い!とのこと。

 

神殿も披露宴会場もかなり気に入ってプランナーさんがいないときに

彼にぼそっとここがいいな~というと彼も気に入った様子でした。

 

披露宴会場見学後、そのまま豊明で試食会。

一番いいコースの半分ほどをいただきました、お魚もお肉もとてもおいしかったです。

最後に小さなおにぎりをいただきましたが、これは神殿に供えるためだけに

作られているお米で作ったそうです。

そんな価値があるものを食べられるもの神社ならではだなと思いました。

 

始めの部屋に戻り、プランナーさんに見積もりをいただきました。

80人で300万円ちょっと。

しかも10月の日程が1日だけ空いており、仮予約をしてきました。

 

乃木神社・乃木會舘は設備やお料理はもちろんですがスタッフの方の対応が

素晴らしく安心感がありました。

担当してくださった、プランナーさんは30代くらいの女性の方でしたが、

私たちの話を理解し、端的にお話ししてくださいました。

ほかの会場だと、長々とお話しされてり、ん?と思うことがあったので

これはけっこう大きかったです。

 

このあと、学士会館へ行き、帰宅し話し合いの結果、乃木神社に決定。

内金を振り込んで、式場見学の旅は幕を閉じました。

 

結婚式場探し〜学士会館〜

結婚式場探しの続きです。

結婚式場見学の最後に行ったのが学士会館です。神保町駅を降りてながーい地下通路を通り、階段を登ると左手に茶色の大きな建物が…。

写真で見てイメージしていたよりも大きくて、重厚感がありました。

 

受付で名前を伝えるとブライダルサロンに案内されて、先に着いていた彼と合流。

担当の方は50歳くらいに見えるベテランの風格を醸し出す女性でした。

 

まずは館内の見学へ。学士会館にはチャペル、神殿両方があります。

神前式が希望だったのですが、どちらも見学。チャペルは少し、狭いですが、

ステンドグラスがきれいです。こじんまりとしているので新郎新婦とゲストの方の

距離が近くなり、アットホームな雰囲気。

 

神殿は5階にあります。エレベーターを降りて、廊下を開けて、木の扉を開けると!

神殿!まああたりまえなんですが、洋風な館内から急に神殿が出てくるのは

やはり違和感がありました。

 

神前式ができる会場を探す中で、神社だけでなく、神殿のあるホテルや専門式場も

視野に入れていました。ですが、写真を見たり、想像をするとどうもしっくりこなくて…。見た目は洋風なホテルがあるフロアだけ急に神殿に変わるということに

どうも納得がいかず、神殿のあるホテルや専門式場はあまり見ていなかったんですよね。

 

実際に見てみると私の違和感は間違ってなかったと思いました。

本格的な神前式がしたければやはり神社がよいかと思います。

 

さて、見学の話に戻りますが…

神殿を見たあとは屋上へ。この日は天気がよく遠くまで見渡せました。

結婚式当日も晴れたらここで写真撮影ができるそうです。

 

続いて、ブライズルームや美容院も見せていただきました。

新郎新婦にそれぞれ部屋がありました。

 

 

あまり知られていないようですが、(私も知らなかったけど)学士会館には

宿泊施設もあり、遠方の方は泊まることができるようです。

私のゲストは遠方の方が多いので、宿泊施設が同じ建物にあるというのは

魅力的です。

お部屋は見ることはできませんでしたが、宿泊施設のある廊下や扉は

学士会館の重厚感の残っており、とてもすてきでした。

 

最後に披露宴会場の見学です。見せていただいたのは学士会館の中で

もっとも収容人数の多い、201というお部屋。

カーペットの模様が特徴的でした。なんでも半沢直樹香川照之が土下座した部屋なんだとか…見たことないけど…

 

天井も高く自然光も入るので開放的です。あとは上テラス?のようなところがあり、

楽器の演奏を頼むことができるそうです。ピアノももともと置いてあるので

余興の選択肢が広がるかなと思いました。

 

見学が終わり、一階へ戻ってきてお見積りを出していただきました。

みんなのウェディングやマイナビウェディングを見ている感じだと、私が見学した中

だと学士会館はかなり安く収まるのでは!?という期待があったんですが、

意外とそうでもなく…

80人で360万円くらいでした。

お見積りは神前式ではなくチャペル式だったので、楽器の演奏代や神父様の料金も

入っているのでちょっと高くなっています。

 

試食会はまた別の日にちになりますという案内をいただいてこの日は帰宅。

 

学士会館は、担当の方の何回も言っていましたが、「昭和初期」に建てられたままなんだそうです。それを古いと思うか、重厚感があるすてき!と思うかで、評価は

はっきり分かれるかと思います。

 

私は建物の見た目や、廊下、披露宴会場の雰囲気はとても素敵だと

思いましたが、チャペルや神殿の古さ(まあ違和感も)を見てちょっと違うかなと

考え、学士会館は候補から外れました。

この時点で、すでにここでやりたいと思っている神社があったので候補からは

外れましたが、別の神社で神前式→学士会館へ移動、ということも

できるそうなので、その神社がなかったら学士会館になっていたかも、

 

続いて!私たちが結婚式を挙げることに決めた式場見学の記事です。

結婚式場探し〜東郷神社・東郷記念館〜

ルアール東郷に行った日、東郷記念館にも見学に行きました。

ルアール東郷と東郷記念館は運営している会社が違うので窓口は別。

見学の申し込みも別々になります。

 

また前回の記事で紹介した東郷神社の庭は東郷記念館のもの(?)なので、

東郷記念館で披露宴をあげる人は必ず、参進ができるそうです。

(ルアール東郷で披露宴をやる人も空いていたらできる)

 

東郷記念館では披露宴会場の見学と試食してきました。

披露宴会場の写真は撮り忘れ…。

 

試食会ではまずはじめに出汁をいただきました。

f:id:hako-rin:20180430213223j:plain

 

続いて冷たいポタージュ。この日はとても暑かったので沁みました…。

f:id:hako-rin:20180430213348j:plain

 

こちらはサーモンと野菜の瞬間カルパッチョ

正直、あんまりサーモンに味がなく印象に残っていません😰

f:id:hako-rin:20180430213436j:plain

 

最後はローストビーフ

やわらくておいしかったのですが、ちょっとぱさついていたのが残念。

f:id:hako-rin:20180430213610j:plain

 

見積もりは80人で300万ちょっと。プランナーさんによると、

もっと頑張れる、お値段の部分ではお手伝いさせていただけるとのこと。

底値が見えず、逆に不安になりました。笑

ですが、とてもコスパがいい会場だと思ったのでこの時点ではけっこう気になっていました。

 

披露宴会場は「オランジェール」という会場を紹介していただきました。

東郷記念館4階にある会場で、テラスがあっていろんな演出ができそう😊

 

少し気になることは東郷記念館自体が古く、手入れがされていない部分があると

感じたこと。例えば、神殿では上を見上げると半透明の屋根(?)がかかっている部分があるのですが、そこに汚れが溜まっていたり、披露宴会場に向かう階段の

端っこが汚かったり、当日ゲストの方が見るかどうかなんてわからないけど、

気になるところは気になる。

 

コスパはいいし、境内の雰囲気はすてきだからすぐに候補から外すわけでは

ないけど、他の会場が高くてここに決まったらどうしようと不安に😱

そんな不安を抱えたまま1週間後、乃木神社学士会館の見学に行ってきました。

結婚式場探し〜東郷神社・東郷記念館〜

付き合っている彼と結婚が決まり、式場探しをしていました。

自分が結婚なんて、結婚式ができるなんてまだ実感はないですが、

結婚式場探しにあたっていろんな方のブログがかなり参考になったので

わたしもどなたかのお役に立てればということで書きます。

私たちは以下の4つの会場を見学に行きました。

 

東郷神社・ルアール東郷

東郷神社東郷記念館 

乃木神社乃木会館

学士会館

 

お気づきだと思いますが、神前式に憧れがあって神社を中心に見ていました😎

あとは結婚式に莫大なお金をかけるつもりはなかったのでそこまで高くなく、

コスパが良いところ…💕

 

いま、勤めている会社の関係で上記の式場を紹介してもらい順番に見に行ってきました。

 

まずは東郷神社・ルアール東郷。

原宿駅から竹下通りを1本入ったとことにあります。

式場探しをするまでこんなところに神社があるなんて知りませんでした。

昨年境内を改装したそうで神社の前はじゃりではなくコンクリートになっているので

ヒールを履いて来るゲストも安心かなと思いました。

f:id:hako-rin:20180430205632j:plain

初めて模擬挙式というものも見学…。

神前式は初めてで、意外と立ったり座ったりが多く、ご高齢の方が大丈夫かなと

ちょっと不安になりました😇

 

続いて庭も見学させていただきました。

f:id:hako-rin:20180430205855j:plain

結婚式の日は式の前に庭で写真が撮れるそうです。

式は2月を予定していましたが、2月って庭の木から葉が散って殺風景なのでは…

と心配になり、聞いてみたところ、常緑樹があるから大丈夫ですよ、とのこと。

 

f:id:hako-rin:20180430210131j:plain

庭には橋がかかっており、この日は天気がよかったので観光客の方もたくさん。

池はお世辞にはきれいとは言えませんが、亀とか鯉とかたくさんいました🐠

 

この橋では結婚式の前に参進ができるそうです。いわゆる花嫁行列と言われる、

新郎新婦を先頭に進む行列を組んでこの橋を渡ることができるそうで、

いくつかの口コミサイトを見ましたが、素敵な写真が撮れそうでした🌸

 

続いて披露宴会場であるルアール東郷を見学。

ルアール東郷はパークコート神宮前というマンションの2階にあるそうです。

外観はこんな感じ。おしゃれ。

f:id:hako-rin:20180430210935j:plain

1日二組限定で、大きな窓からたくさんの光が入る開放感のある会場です。

 

ここで試食をさせていただきました。お皿がかわいい💕

f:id:hako-rin:20180430211217j:plain

 

1品目はまぐろのタルタルでした。下にぷちぷちした小さなパスタが入っていて

面白い食感でした。

f:id:hako-rin:20180430211457j:plain

 

続いて牛ヒレ肉のロッシーニ風。

ロッシーニ風ってよく聞くけどなんだろうと思っていたら、作曲家の

ジョアキーノ・ロッシーニさんが由来みたいです。名前は聞いたことあるけど、

曲は全然しらないなぁ…。

あ、こちらはとても美味しかったです。また食べたい。

f:id:hako-rin:20180430211604j:plain

 

最後にデザートもいただきました。

デザートはオレンジ色のゼリーが口にいれると、ぱちぱち👀

サーティーワンホッピングシャワーみたいな感じです。暑い日に食べたら

さらにおいしそう!

f:id:hako-rin:20180430212005j:plain

 

食事をいただいて、見積もりも。80人で340万円くらいでした。

思っていたよりも高い…。

まだ3つも会場見学が残っていたので決めきれず、次の会場へ💨

 

次の東郷神社東郷記念館は次の記事へと続きます!

新作料理〜春の春巻き〜

春がくどいですが新しい料理を作りました。

料理のレパートリーを増やしたいと思っているので従来あるレシピをアレンジして、

よく新しいなにかを作ります。

今日は春巻きです。普通の皮ではなくライスペーパーを使いました。

具はたけのこといんげん、ベーコンを炒めたものと巻く段階でチーズを入れます。

f:id:hako-rin:20180420020143j:plain

たけのこはめんどくさいので水煮を利用。

f:id:hako-rin:20180420020216j:plain

ライスペーパーはいつもうまく巻けません。教えてベトナムの人。

 

オリーブオイルで揚げました。

f:id:hako-rin:20180420020321j:plain

 

中はこう。

f:id:hako-rin:20180420020347j:plain

 

【良かった点】

・確かに春を感じる

ライスペーパーがもちもちしておいしい

 

【懸念すべき点】

ライスペーパーが思ったよりも油を吸い、重い。揚げ方に工夫の余地あり。本来の春巻きの皮の方が美味しいかも…

・具がスカスカな感じがするのでベトナムの人にライスペーパーの巻き方を教えてもらう必要がある。

 

悪くはないです。が、春巻きのようなアツアツの具が皮いっぱいに入っているという

高揚感がなかったです。今回入れた具をライスペーパーで包もうとしたとき、ライスペーパーの上でつるつると滑ってしまい、なかなかうまく巻けませんでした。

というわけで次回は普通の皮でいいかなと思います。

具は歯ごたえがあって美味しいです。春巻きは中身にしっかりと味がついていると

美味しくなる気がしました。

 

以上です。

4/18の夜ご飯

4月から職場が変わり、残業がかなり少なくなったためガンガン自炊をしています。

最近は

① 揚げ物を減らす

② 野菜を入れる

③   2〜3品は作る

というゆるめのルールを意識しながら作っています。

一緒に住んでいる彼が少しずつ太ってきたので上記のルールを作りました。(もちろん破るときもある)あと、最近は旬の野菜を使うようにしています。この季節だとアスパラやいんげんなどをよく使っています。

 

今日はエビが食べたい気持ちだったのでこちらです。

えびとキャベツの炒めたやつと、よだれ豚です。

よだれ豚はピリ辛で食欲をそそるやつです。

 

f:id:hako-rin:20180418214616j:plain

当面の目標は机を綺麗にすることです。