式場見学~乃木神社・乃木會舘~

前回の記事にある、学士会館の前に乃木神社・乃木會舘へ見学に行きました。

この日は朝、9:00に乃木會舘のフロントに集合、というハードスケジュール。

(私たちだけですかね…)

 

乃木神社・乃木會舘の最寄駅は乃木坂駅。1番出口からびっくりするくらい近いです。

フロントで名前を書き、アンケートを記入。神殿→披露宴会場の順に見学することに。

まずは神殿へ!神殿はとーーーーってもきれいでした。朝イチというのもあると

思いますが、きちんと手入れされているなという印象。

前回伺った神社は、ところどころ気になってしまうところがあったのでかなり好印象。

神殿は入った瞬間息が止まりそうになるくらい雰囲気のある場所です。

そんなに大きくはないと思いますが、広々として、自然と一体化しているような感じ。

ここだけ空気が凛として自分の背筋がピンと伸びるような不思議な空間でした。

壁で囲まれていないので圧迫感がないです。また200名くらいまでは入れる

そうなので、披露宴に呼ぶ人は全員結婚式も見守っていただけます。

東郷神社にはクーラーがありましたが、乃木神社にはなく、前述したように壁もないので半分外、のような感じです。(もちろん屋根はあります)

冬は火鉢とブランケットを出していただけるそうなので、それぞれの季節を楽しむことのできる神殿なのかなと思いました。

 

ちなみに乃木神社での神前式は納曾利舞というのを舞っていただけるそうです。

これは厳島神社と皇居でしかやっていないとても貴重な儀式だそうです。

ぱっと見鬼みたいな仮面をつけているので小さい子は怖いかもしれないですけど…笑

 

神殿にほれぼれしたあとは披露宴会場へ。

私たちの人数(80名以上)だと2つ会場を紹介していただきました。

①乃木坂倶楽部

②豊明(乃木會舘内)

 

①乃木坂倶楽部

こちらはもともと、メゾンブランシュという名前だったレストランを改装した(確か2月にオープンしたばかり)一軒家まるごと貸切の披露宴会場。

3階建てで、1階は友人の待合室、2階が披露宴会場、3階が親族の待合室になっています。

 

和モダンのような雰囲気で天井がかなり高いので天井からの装飾ができそうで

素敵な空間でした。

私が少し不安だったのは、1階から2階へ行くエレベーターが一基しかなく、

また厨房の横?にあり、廊下が狭いため、エレベーター待ちの人がどこにいればいいか

わからなくなるのでは?ということ。

もうひとつは、人数は最大で86人ということ。私も彼も大学時代にチームスポーツをやる部活に入っていたため、ゲストの人数はどうしても多くなります。

80人というのはかなりの概算のため、絶対100人超える自信がありました。

ですので、最大が86人と聞いた時点でもうちょっと難しいかな~という気持ちになっていました、ごめんなさい…。

 

②豊明

こちらは乃木會舘内にある、豊明(とよのあかり)というお部屋。

窓がないのにとても広く感じ、こちらは「和」の雰囲気でした。

いま、会いにゆきますやステキな金縛りなどの美術監督をされている種田陽平さん

という方がデザインされたそうです。

テーブルは丸テーブルでも、長方形でもどちらでも良い!とのこと。

 

神殿も披露宴会場もかなり気に入ってプランナーさんがいないときに

彼にぼそっとここがいいな~というと彼も気に入った様子でした。

 

披露宴会場見学後、そのまま豊明で試食会。

一番いいコースの半分ほどをいただきました、お魚もお肉もとてもおいしかったです。

最後に小さなおにぎりをいただきましたが、これは神殿に供えるためだけに

作られているお米で作ったそうです。

そんな価値があるものを食べられるもの神社ならではだなと思いました。

 

始めの部屋に戻り、プランナーさんに見積もりをいただきました。

80人で300万円ちょっと。

しかも10月の日程が1日だけ空いており、仮予約をしてきました。

 

乃木神社・乃木會舘は設備やお料理はもちろんですがスタッフの方の対応が

素晴らしく安心感がありました。

担当してくださった、プランナーさんは30代くらいの女性の方でしたが、

私たちの話を理解し、端的にお話ししてくださいました。

ほかの会場だと、長々とお話しされてり、ん?と思うことがあったので

これはけっこう大きかったです。

 

このあと、学士会館へ行き、帰宅し話し合いの結果、乃木神社に決定。

内金を振り込んで、式場見学の旅は幕を閉じました。